Pi Zero W 段ボール カメラ自作キット 発売のお知らせ

平成29年8月21日(月)、株式会社ケイエスワイ(代表取締役:山下慎二)は、弊社オリジナルの「カメラ自作キット」の販売を開始しました。
Raspberry Pi Zero WでWebカメラを自作できるキットです。

平成32年度から小学校でプログラミングが必修化される方針が発表され、Raspberry Piシリーズがより「教材」としても注目されています。
そういった中、大人の方に楽しんでいただくことはもちろん、お子様にも楽しんでもらえる商品として開発したのが、この「カメラ自作キット」です。

まずはお子様に興味を持ってもらうことが、学習の第一歩になると考え、お子様が自由に絵を描いたり、工作し、興味、愛着を持ってもらえるように、段ボール製のケースをご用意。
また、カメラモジュールが付属しているため、高機能玩具としてもお楽しみいただけます。

2017年8月5日、6日東京ビッグハットにて開催された「Maker Faire Tokyo 2017」での先行販売では、予想を上回る反響をいただきました。
多くのお子様(日本だけでなく海外のお子様も!)、ご自分のお子さん用にとお買い求めいただく親御さん、ご自分用にご購入される大人の方、皆様のワクワク感を共有できたことは弊社にとって大変貴重な経験となりました。
今後も、お寄せいただいたご意見・ご要望・アイデアを元に、皆様に喜んでいただける商品を開発してまいります。

特長

Pi Zero W 段ボール カメラ自作キット

お手頃価格
税抜4,500円と低価格を実現!
段ボール製ケース
素材が段ボールだから、自由に加工して、お絵かきして自分だけのケースがお子さんでも簡単に作れます。
段ボールはカット加工済みなので、後はカラーマジックとアイデアだけ。
情報が豊富
コンピューターサイエンス、プログラミングの教材として開発されたRaspberry Piだからこそ、
お子様向けの情報が豊富です。お父さん、お母さんと一緒に楽しく学習できます。
カメラモジュール付属
初めは、画面に自分が映るだけでも楽しいはずです。次は、録画して、スローモーションにしてみたりと、楽しく使い方を広げていけます。

Pi Zero W 段ボール カメラ自作キット Pi Zero W 段ボール カメラ自作キット Pi Zero W 段ボール カメラ自作キット Pi Zero W 段ボール カメラ自作キット

発売商品

Pi Zero W 段ボール カメラ自作キット

  • Raspberry Pi Zero W V1.1 本体
  • Piケース 段ボール for 0/W
  • Piカメラ 5M for 0/W (可視光、赤外線から選択)
    500万画素(2592×1944)、フルハイビジョン動画対応(1080p@30fps)
    • 可視光タイプ:通常のカメラと同様の可視光を記録するタイプ (カラー)
    • 赤外線タイプ:監視カメラなどと同様の赤外線に反応するタイプ (モノクロ)
Pi Zero W 段ボール カメラ自作キット 可視光タイプ
Pi Zero W 段ボール カメラ自作キット 可視光タイプ
4,860円(税抜4,500円)
Pi Zero W 段ボール カメラ自作キット 赤外線タイプ
Pi Zero W 段ボール カメラ自作キット 赤外線タイプ
4,860円(税抜4,500円)