Raspberry Pi 7インチ タッチ・スクリーン ディスプレイ 接続・取り付け方法

Raspberry Pi 7インチ タッチ・スクリーン ディスプレイの接続・取り付けは、難しい作業ではありませんが、取り扱い方法や作業手順を間違えると、破損、故障および怪我の危険が有ります。
本ページをよく読み、ご理解された上で行って下さい。

必要なもの

Raspberry Pi 7インチ タッチ・スクリーン ディスプレイを動作させるのに必要、有ると便利な商品のご紹介です。

Raspberry Pi本体 ディスプレイ、ケース SDメモリーカード USB 電源、USB ケーブル 接続ケーブル(オプション)
Raspberry Pi本体 一覧へ ディスプレイ、オプション 一覧へ SDメモリーカード 一覧へ USB 電源、USB ケーブル 一覧へ 接続ケーブル 一覧へ
  1. Raspberry Pi 本体
    本ディスプレイはRaspberry Pi 3B、2B、B+、A+、B、A、Compute Module Kitで使用できます。
    Raspberry Pi Zero では、ご利用いただけません。
  2. 7" タッチスクリーン ディスプレー、ケース
    本ディスプレイには、下記のものが付属しています。
    1. アダプター ボード ×1
      電源、信号の入出力、ディスプレーのコントロールに使用
    2. ジャンパーケーブル ×4本1組
      Raspberry Pi とディスプレーで電源を共有する場合に使用
    3. DSI リボンケーブル (FFC) ×1
      Raspberry Pi、ディスプレー間の信号伝送に使用
    4. 六角ねじスペーサー ×4
      アダプター ボードの固定に使用
    5. M2.5 ねじ ×4
      ディスプレイ背面にRaspberry Piを固定するために使用
  3. システム起動用 microSD カード
    Raspbian OS をご利用になる場合は、バージョン 4.1 以降をご用意下さい。
  4. USB 電源、USB ケーブル ×2 または 1
    Raspberry Pi 本体、ディスプレーへの電源供給に使用
    • ディスプレイ付属ジャンパーケーブルを用いて Raspberry Pi 本体とディスプレーで電源を共有することもできます。
      (電源供給は Raspberry Pi 本体またはディスプレーのどちらか一方のみで済みます)
    • Raspberry Pi3 は電源要求がシビアなため、ディスプレーとの 電源共有はお勧めしません。 動作不良の原因となります。
  5. 接続ケーブル(オプション)
    本ディスプレイの付属ケーブルを利用すれば、ディスプレイ背面にRaspberry Pi本体を取り付けられます。 ディスプレイと本体を離してご利用になる場合などに、便利な長いケーブルのご用意もございます。(接続ケーブル
    その他、ディスプレイを立てられるオシャレなフレーム、Raspberry Pi本体と合わせて収納できるケースなどもあります。 (ケース

リボンケーブル (FFC) の接続について

  • リボンケーブルには表裏が有り、導体が露出している面をコネクターの導体側に合わせます。
  • ケーブル本体は実装に応じて折り曲げたりできますが、繰り返し折り曲げるなど負荷を加えすぎると断線を起こす可能性が有ります。
    また、先端の補強板部分を曲げたり、補強板根元付近に負荷を加えることはできません。
  • コネクターへの接続は、傾き無く突き当たるまで挿入した状態でロックを掛け固定して下さい。

接続方法と手順

配線図
画像をクリックすると拡大表示されます。

ディスプレーとアダプター ボードの接続(納品時接続済み)

  1. アダプター ボードの裏面に、ディスプレーから出ている2本のディスプレー リボンケーブルのうち、幅の広い方を接続します。
  2. ディスプレーの背面に、アダプター ボードを表面(ロゴ有り)が上になるよう配置し、スペーサーを使いディスプレーに固定します。(4個所)
  3. アダプター ボードの表面に、残りのディスプレー リボンケーブルを接続します。

アダプター ボードの配線

  1. DSIリボンケーブルをアダプター ボードへ接続します。
  2. ジャンパーケーブルをアダプター ボードへ接続します。(電源を共有する場合のみ)

Raspberry Pi の設置

  1. M2.5 ねじを用いスペーサー上へ Raspberry Pi を固定します。(4個所)
  2. DSIリボンケーブルを Raspberry Pi に接続します。
  3. ジャンパーケーブルを Raspberry Pi 上の GPIO ピン(赤→5V、黒→GND)へ接続します。(電源を共有する場合のみ)

システムの起動

  1. 起動用 microSD の挿入など、必要な準備を行います。
  2. USB ケーブルを Raspberry Pi、ディスプレーの micro-USB 端子へそれぞれ接続します。
    ジャンパーケーブルにより電源を共有する場合は、どちらか一方にのみ接続して下さい。両方から電力供給を行うと、故障の原因となります。)
  3. ディスプレー、Raspberry Pi の順にUSB ケーブルをUSB電源に接続します。

関連商品

FFC ケーブル 50cm for PiCSI/DSI [KSYFFC15-50CM1] FFC ケーブル 15cm for PiCSI/DSI [KSYFFC15-15CM1] Pimoroni「公式 7" Touchscreen Display」用フレーム (Coupé 赤) [PIM120] Pimoroni「公式 7" Touchscreen Display」用フレーム (Flotilla 青) [PIM123] Pimoroni「公式 7" Touchscreen Display」用フレーム (Jade 緑) [PIM124] Pimoroni「公式 7" Touchscreen Display」用フレーム (Noir 黒) [PIM122] Pimoroni「公式 7" Touchscreen Display」用フレーム (Royale 紫) [PIM121] Pimoroni「公式 7" Touchscreen Display」用フレーム (Tangerine 橙) [PIM119]

パスワードを忘れましたか?

ご登録いただくと商品ご購入の際、発送先、支払い情報など毎回ご入力いただかなくても簡単にご注文いただけるようになります。
ぜひご登録下さい。

決算棚卸に伴う業務休止のお知らせ

9/29(金)は、弊社棚卸のため出荷、サポート業務を一時休止させていただきます。
前日28日は、14時までのご注文は当日出荷、それ以降のご注文は10/2(月)に出荷させていただきます。
ご迷惑、ご不便をお掛けいたしますが、なにとぞご了承のほどお願い申し上げます。

詳細...

『第2回 大人の電子工作クラブ』開催!

9月12日(火)、『第2回 大人の電子工作クラブ』が開催されました(主催:長野工業振興会、共催:長野県長野地域振興局、長野市)。
今回のテーマは、「作って動かそう!」
前回箱から出したRaspberry Pi 3。今回は動かします!

詳細...

twitterやってます!

当店 twitter にて、最新情報を発信しています。超初心者の『ラズパイ女子奮闘記』も掲載開始。ぜひご覧ください!

Twitter Logo
KSY@Raspberry Pi

詳細...

続々と新発売  第2弾!

 9月8日 3商品
 9月11日 3商品

詳細...

続々と新発売!

 9月5日 2商品
 9月6日 3商品
 9月7日 5商品

詳細...

Pimoroni社 Flotillaシステム、販売開始です!

Raspberry Piを使ったいろいろなもの作りを体験できるFlotillaシステム子供がプログラムを学び始める第一歩に最適楽しく遊んでいるうちにIT教育が始まっている、そんな商品です!

詳細...

CANDY LINE製品の取り扱いを開始しました!

Candy Line
「つなぐ」・「楽しく」・「簡単に!」をテーマに、より多くの方が「モノをつなぐ」ことができる環境の実現を目指すCANDY LINE。
第一弾は、8月22日にリリースされた「CANDY Pi Lite LTE / 3G」

詳細...

Pi Zero W 段ボール カメラ自作キット 発売のお知らせ

Pi Zero W 段ボール カメラ自作キット
お手軽「カメラ自作キット」の登場です。
お値段も4500円(税抜)とお手頃!

詳細...