Raspberry Pi のGPIOと機能について

Raspberry Pi には、General Purpose Input/Output (GPIO) 用に40本(RasPi A、Bは、26本)のピンヘッダが付いています。
このインターフェースを通じ、外部デバイスと通信を行うことができます。

GPIOピンは、代替機能 (Alternate Function) を選択することで、ピンに割り当てる機能を変更できます。
各機能の詳細は、Raspberry Piが搭載するSoCの公式マニュアル (PDF) をご覧ください。

各ピンと機能の対応は、次の図を参考にして下さい: (図の拡大表示)
(図上部のボタンで、代替機能 (Alternate Function) を切り替えることができます。)

パスワードを忘れましたか?

ご登録いただくと商品ご購入の際、発送先、支払い情報など毎回ご入力いただかなくても簡単にご注文いただけるようになります。
ぜひご登録下さい。

「Raspberry Pi M.2 HAT+」発表のご案内

Raspberry Pi 5向け拡張基板「M.2 HAT+」が発表されました。
M.2 HAT

詳細...

Raspberry Pi 5販売のご案内

Raspberry Pi 5が販売開始!
性能2~3倍!起動時間も半分に!
販売についてのご注意、出荷状況はコチラ >> をご確認ください。
新発売 Raspberry Pi 5

詳細...

Vieureka株式会社とRaspberry Pi®の運用保守支援において協業を開始

IoTデバイス向け端末管理クラウドサービスを提供するVieureka株式会社とRaspberry Pi®の運用保守支援において協業を開始いたします。

vieureka

詳細...

SPRESENSE GNSSアドオンボード 新発売

SPRESENSE 新発売
1m級の高精度測位 GNSSアドオンボード 発売開始!
  SPRESENSE GNSSアドオンボード

詳細は、 コチラ >>

詳細...

クレジットカード決済のシステム障害について

クレジットカード決済を実行できない可能性がある状況が発生しております。

誠に申し訳ございませんが、別のクレジットカードまたは他の決済方法(代引き/銀行振込み前入金)をご検討いただけると幸いです。

詳細...