Raspberry Pi のGPIOと機能について

Raspberry Pi には、General Purpose Input/Output (GPIO) 用に40本(RasPi A、Bは、26本)のピンヘッダが付いています。
このインターフェースを通じ、外部デバイスと通信を行うことができます。

GPIOピンは、代替機能 (Alternate Function) を選択することで、ピンに割り当てる機能を変更できます。
各機能の詳細は、Raspberry Piが搭載するSoCの公式マニュアル (PDF) をご覧ください。

各ピンと機能の対応は、次の図を参考にして下さい: (図の拡大表示)
(図上部のボタンで、代替機能 (Alternate Function) を切り替えることができます。)

パスワードを忘れましたか?

ご登録いただくと商品ご購入の際、発送先、支払い情報など毎回ご入力いただかなくても簡単にご注文いただけるようになります。
ぜひご登録下さい。

Pi Zero WH 販売開始のご案内

GPIOピン取付済みPi Zero WHが登場!
Raspberry Pi Zero WH 販売中
購入制限なし!
ビジネスユースにも!

詳細...

Google AIY Voice Kit 販売開始のご案内

販売中  Googleと一緒に「あなた」が作るスマート スピーカー  Google AIY Voice Kitが当店から登場!
話題のAIスピーカーを、Raspberry Piで作ろう!

Google AIY Projects Voice Kit
正規国内向け商品には、日本語の「組み立てガイド」が付属!

詳細...

twitterやってます!

当店 twitter にて、最新情報を発信しています。超初心者の『ラズパイ女子奮闘記』も掲載開始。ぜひご覧ください!

Twitter Logo
KSY@Raspberry Pi

詳細...